記事一覧

G-SHOCK AMW-500GC発売記念 メタル化されたG-SHOCKたちをプレイバック

新たなメタルG-SHOCK AWM-500GCの発売を記念し、これまでメタル化されてきたGの足跡を確認する。

2018年に発表されたGMW-B5000、いわゆるオリジンの角型デザインを用いたメタルモデルより、G-SHOCKは最新トレンドとなるメタルG-SHOCKというカテゴリを生み出した。

誕生からわずか3年、不動の人気を誇るいくつかのシリーズがメタル化されてきたが、今回発表されたAWM-500GC-1AJRは90年代にストリートで人気を博したAw-500のメタルバージョンだ。しかも、ポーター(PORTER)とのコラボレーションによる特別版で、全身DLCで仕上げられたブラックのケース&ブレスレットに、文字盤に配された耐衝撃グラフのあしらいがさらにエクスクルーシブなモデルであることを強調している。しかも、ポーター謹製の時計ポーチまでついてくるという。先に登場しているAWM-500にもブラックのモデルは存在したが、IP加工の黒とは色調が異なり、耐傷性の向上なども加味するとより高品位なメタルモデルに仕上がっていると言える。

今回はこの時計の魅力はもちろん、これまでに発表されているメタルのG-SHOCKを、HODINKEE Japanのエディター3名の解説によって総ぞらいしていく。

1983年に誕生したDW-5000Cは、G-SHOCK全体のオリジンである。このアイコニックな角型モデルは、当初日本ではまったく火がつかず、北米での人気爆発をきっかけとして、逆輸入的に日本でも広がっていった。
 同様に、近年のメタルG-SHOCKのオリジンとも言えるこの角型5000系は、2018年、G-SHOCK35周年企画の一環としてスタートしたフルメタルプロジェクトによるもの。実は、この企画は遡ること2015年のバーゼルワールドで披露された、G-SHOCKの生みの親である伊部菊雄さん発案による金無垢のG-SHOCKに端を発している。

「壊れない時計を作る」という想いが、樹脂ケースとのコンビネーションによる特別な耐衝撃構造を生み出したわけだが、それを金属ケースでとなると、時計自体の重量が増すことなどから同レベルの堅牢性を持たせることは格段に困難になる。カシオはこれを、ステンレス製のベゼルとケースのあいだにファインレジン製の緩衝材を実装することで対応。オリジンの5000と同じ見た目ながら、まったく異なる耐衝撃構造を持たせ、フルメタル化を実現したのがGMW-B5000Dである。この角型フォルムで6万6000円(税込)という価格設定はチャレンジングだと思わされたが、瞬く間に大ヒット作となり一時店頭から姿を消すほどの人気を博した。
 ちなみに、金無垢モデルもまた実現され、2018年に35本限定770万円で販売された。

【関連記事】:http://higuchi.top/

コメント一覧