記事一覧

ロレックスの新たな表現“フローラルダイアル”

ロレックス スーパーコピーは、新作時計発表の場であるウォッチズ&ワンダーズ 2022において、複数の新たなモデルを発表した。今回紹介するのは、直径31mmケースの「オイスターパーペチュアル デイトジャスト 31」の新作だ。

ロレックス スーパーコピー デイトジャスト31 278289RBR

カテゴリ ロレックス デイトジャスト
型番 278289RBR
機械 自動巻き
材質名 ホワイトゴールド
ブレス・ストラップ ブレス
宝石 ダイヤモンド
タイプ ユニセックス
文字盤材質 シェル
ケースサイズ 31.0mm
機能 デイト表示
ケース径31mmのユニセックスモデル、【オイスターパーペチュアル デイトジャスト31】。
ベゼルに一周ダイヤセッティングを施したホワイトゴールドモデルとなり、文字盤にはマザーオブパールでバタフライを描き、さらに全面にパヴェダイヤセッティングを施します。
搭載される新世代ムーブメントのキャリバー2236は、ロレックスが特許を取得したシリコン製シロキシ・ヘアスプリングを採用しケーシング後の日差は-2~+2秒で調整されています。

このデイトジャストは1945年に誕生した、ロレックスのコレクションにおけるクラシックウォッチの典型であり、日常使いに十分な機能と普遍的なデザインを持つ、ブランドを代表するモデル。当時、文字盤の3時位置の小窓に日付を表示する、初めて防水機能を備えた自動巻きのクロノメーター時計だった。

今回発表された新作の新たな試みは文字盤である。青い花をあしらった“フローラルダイアル”の表面は、モチーフの場所によってサンレイ仕上げ、マット仕上げ、グレイン仕上げに使い分けられている。また、それぞれの花の中心には、大小異なる大きさのダイヤモンドがセッティングされ、全体に華やかな印象を添える。

これには高度な加工および仕上げの技術が必要であり、ロレックスの卓越した文字盤製造技術の好例と言えるだろう。満開の花々は新鮮でエネルギーがあふれ、明るい未来を予想させるモチーフである。

本作のケースは、オイスタースチールとホワイトゴールドを組み合わせた“ホワイトロレゾール”仕様のモデルである。外装においてベゼルはホワイトゴールドであり、それ以外のミドルケース、リュウズ、ブレスレット、クラスプはオイスタースチールだ。

またスレスレットは1930年代末に開発され、3列リンクの構造を持つ“オイスターブレスレット”だ。80年以上が経過する中で進化を続け、今なおオイスター パーペチュアル コレクションで最も広く採用されているものであり、高い堅牢性で知られている。

そしてムーブメントは、レディスモデル用で小型のムーブメント、キャリバー 2236を搭載している。この機械は2014年に発表され、18年から本作を含むデイトジャスト 31のコレクションに採用されている。


【関連記事】:ファッションに関する話題

コメント一覧

ヴァンクリスーパーコピー URL 2022年04月14日(木)13時36分 編集・削除

イベントはヴァン クリーフ&アーペルの公式アカウントから事前申し込みできるので気になる人はチェックを

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー