記事一覧

製表の技術を探求して革新の時計の宇の舶来の2018の編表の教室はブルーの宝石の材質の神秘を語ります

2018年12月5日、スイス製表ブランド HUブログ宇が北京中央美術学院美術館で開封し、宇舶印的なブルー宝石 素材運用技術を読み解く。宇舶は1980年生まれ、貴金属と天然ゴム 融合をもとにしたスイス トップ腕時計ブランドで、製表 材料から腕時計から解釈された独特 美学 概念が誕生し、時計界で革命を巻き起こした。宇舶 提唱したブランド 理念は「融合 芸術」で、ジルジウム、タンタル、マグネシウム、チタンなど 貴金属とダイヤモンド、珍しい宝石、金、プラチナ、陶磁器、精鋼、天然ゴム 完璧な融合をカバーしている。

自然界では、サファイアと赤い宝石 材質は剛玉と呼ばれ、そ 化学成分は完全に同じで、雑質によって異なる色が形成されています。1700年 時、天然 赤い宝石は腕時計工芸 中に応用されて、ベアリング 間 摩擦を減らすことができて、しかしそ 需要量が大きいため、物 源は少なくて、だから後期 1891年になると、人工 宝石など 工芸を合成して、天然 宝石 化学 成分と同じで、さらに天然 品質より良純です。

宇舶来は初 ブルビー素材腕時計 ブランドとして、純潔材料 開発に力を入れ、最近でも軽質な材料を開発するなど、伝承された基礎 上で強力な革新を行う。サファイア結晶 溶化は複雑な変化、予測しにくい工芸であり、生産 過程で、材質は非常に気泡とクラッシュが現れやすく、宇渡航はそ 先進的な工芸技術で大規模なサイズ、きらきらと透明で透明なブルー 宝石 結晶を開発して、原材料 酸素化アルミニウム、鉄、チタンとともに2000 - 2050度まで温め、さらに結晶 色 ブルー 宝石として耐摩耗性と透明性 特質を保持しています。

さらに完璧な美学観念を呈するために、宇舶制表 「融合 芸術」を見せるために、「見える」という絢爛な宝石を「見えない」ブルー 宝石 上に置いて、きちんとした工芸品で完璧な細工をして、同じように硬いダイヤモンドとサファイア 相乗を使って、いずれも宇舶表 精緻な工芸 成果である。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ