記事一覧

ゼニスの2022春夏最新ラグジュアリースポーツウォッチ「デファイ スカイライン」をチェック!

ゼニスの2021年新作「クロノマスタースポーツ」は、大変好評で去年のブレイクから人気モデルとして、ゼニスのアイコンウォッチになりました。

「クロノマスター」自体は、以前よりラインナップはありましたが、3色文字盤・ポンプ型のプッシュボタン・スチール製ブレスレット×セラミック製のブラックベゼルなど、過去のクロノマスターの要素を現代的な41mmケースに組み込み、よりスポーティなデザインとして発表されたものが「クロノマスタースポーツ」シリーズになります。

ゼニス クロノマスター スポーツ コピー 18.3100.3600/69.C920

貴重なローズゴールド製の新時代のエル・プリメロ
クロノマスター スポーツは、ゼニスが50年以上に渡って探求してきたスポーティーなクロノグラフと自動巻クロノグラフ キャリバーの頂点に立つモデルです。1/10秒単位の精度で計測および表示する、最新のエル・プリメロ クロノグラフ キャリバーを搭載した新作モデルは、輝くローズゴールドブラックセラミックで作られています。
ケース

素材:ローズゴールド&クリーム
直径:41 mm
防水性:10 気圧
文字盤:マット仕上げのホワイトの文字盤に3色カウンター

ストラップ
素材:レザー
クラスプ:ローズゴールド製トリプルフォールディングバックル

時計好きな方なら一度は「エルプリメロ」という言葉を耳にした事があるでしょうか。

簡単に説明すると、エルプリメロとはゼニスが1969年に発表した「世界で初の自動巻クロノグラフムーブメント」です。開発から50年以上も受け継がれている名機になります。

また、毎時3万6000回という高速振動が特徴で、50時間を超えるパワーリザーブを備えており、腕時計業界屈指の性能を誇るムーブメントとして知られます。

このクロノマスタースポーツには、ゼニスが2019年に発表したエルプリメロの最新型「エルプリメロ3600」が搭載されています。

これまでなかった1/10秒計測が行えるクロノグラフ機能に加え、パワーリザーブが60時間以上へとグレードアップしています。


【関連記事】:【スーパーコピーお客様の声】口コミ情報

5万円切った状態、ロイヤルオーク15400ST.OO.1220ST.03

ロイヤルオーク 15400ST.OO.1220ST.03

1ヶ月ぐらい前から、人気モデルを中心に下落傾向となっている様子がありますが、ロイヤルオークの15400STもまた、そういった動きが見られます。

15400STは、ロイヤルオークの中で、最も敏感に値動きするモデルだといえますが、他の人気モデルと同じように下落傾向となっているわけです。

前回、この銀文字盤の15400ST.OO.1220ST.03をお伝えしたのは、今年2月ですが、その際は約5万円でした。

それに対して現在水準は4.8万円。2ヶ月前よりも1万円程度値下がりした状態です。

オーデマピゲ ロイヤルオーク 41mm 15400ST.OO.1220ST.03カテゴリーオーデマピゲ ロイヤルオーク(新品)

型番 15400ST.OO.1220ST.03
機械 自動巻き
材質名 ステンレス
タイプ メンズ
文字盤色 ダークブルー
外装特徴 シースルーバック
ケースサイズ 41.0mm
機能 デイト表示
付属品 内外箱
ギャランティー

このロイヤルオークの現在水準は、今年2月水準と比べると値下がり傾向であるものの、昨年12月水準と比べると「かなり高い」といった様子です。

昨年12月において、この15400ST.OO.1220ST.03は4万円だったわけですが、現在水準は値下がり傾向といえど4.8万円です。

また、2ヶ月で1万円ほどの下落といっても、残価を見ると95%という数値。以上のことから、15400ST.OO.1220ST.03は、歩幅な値下がりだといえるでしょう。

近頃お伝えしている下落傾向は、「下落といっても今年1月下旬水準並」といったケースが多いように、“数年前水準にまで相場が戻る”といった派手な下落は見られません。

むしろ、2月、3月上旬頃までに「ガバっと上昇したのが“落ちついた”」といった感覚だといえますが、一言でいうなら、今の状況は“とても分かりづらい相場”だといえます。

つまり、今の様子は「派手に下落している」わけでもなければ「上昇傾向でもない」、やや値下がり気味であるものの、モデルによっては上昇傾向となっているものも混在しているわけです。

そういった意味で現在相場は、ここ5年ぐらいにおいて、最も表現しづらい状態といえるかと思います。


【関連記事】:女性に贈るプレゼント?ギフト特集

ロレックスの新たな表現“フローラルダイアル”

ロレックス スーパーコピーは、新作時計発表の場であるウォッチズ&ワンダーズ 2022において、複数の新たなモデルを発表した。今回紹介するのは、直径31mmケースの「オイスターパーペチュアル デイトジャスト 31」の新作だ。

ロレックス スーパーコピー デイトジャスト31 278289RBR

カテゴリ ロレックス デイトジャスト
型番 278289RBR
機械 自動巻き
材質名 ホワイトゴールド
ブレス・ストラップ ブレス
宝石 ダイヤモンド
タイプ ユニセックス
文字盤材質 シェル
ケースサイズ 31.0mm
機能 デイト表示
ケース径31mmのユニセックスモデル、【オイスターパーペチュアル デイトジャスト31】。
ベゼルに一周ダイヤセッティングを施したホワイトゴールドモデルとなり、文字盤にはマザーオブパールでバタフライを描き、さらに全面にパヴェダイヤセッティングを施します。
搭載される新世代ムーブメントのキャリバー2236は、ロレックスが特許を取得したシリコン製シロキシ・ヘアスプリングを採用しケーシング後の日差は-2~+2秒で調整されています。

このデイトジャストは1945年に誕生した、ロレックスのコレクションにおけるクラシックウォッチの典型であり、日常使いに十分な機能と普遍的なデザインを持つ、ブランドを代表するモデル。当時、文字盤の3時位置の小窓に日付を表示する、初めて防水機能を備えた自動巻きのクロノメーター時計だった。

今回発表された新作の新たな試みは文字盤である。青い花をあしらった“フローラルダイアル”の表面は、モチーフの場所によってサンレイ仕上げ、マット仕上げ、グレイン仕上げに使い分けられている。また、それぞれの花の中心には、大小異なる大きさのダイヤモンドがセッティングされ、全体に華やかな印象を添える。

これには高度な加工および仕上げの技術が必要であり、ロレックスの卓越した文字盤製造技術の好例と言えるだろう。満開の花々は新鮮でエネルギーがあふれ、明るい未来を予想させるモチーフである。

本作のケースは、オイスタースチールとホワイトゴールドを組み合わせた“ホワイトロレゾール”仕様のモデルである。外装においてベゼルはホワイトゴールドであり、それ以外のミドルケース、リュウズ、ブレスレット、クラスプはオイスタースチールだ。

またスレスレットは1930年代末に開発され、3列リンクの構造を持つ“オイスターブレスレット”だ。80年以上が経過する中で進化を続け、今なおオイスター パーペチュアル コレクションで最も広く採用されているものであり、高い堅牢性で知られている。

そしてムーブメントは、レディスモデル用で小型のムーブメント、キャリバー 2236を搭載している。この機械は2014年に発表され、18年から本作を含むデイトジャスト 31のコレクションに採用されている。


【関連記事】:ファッションに関する話題