記事一覧

ハイテク技術によるスーパーカーとの最速タッグ

"精密な機械の集合体である高級時計とスーパーカーは近しい関係にあり、コラボレーションも盛んに行われている。「ロジェ・デュブイ」とランボルギーニは、前衛的なデザインや先進的なメカニズムという共通の哲学をもつブランド。

それゆえコラボモデルもかなり衝撃的です。このエクスカリバー スパイダー ウラカン EVO2は、レーシングカーをイメージしてムーブメントから開発。

左右対称形のムーブメントはボディやエンジンを思わせ、ケース素材にはシャシーやボディに使用されるSMCカーボンを用いる。この時計は、もはやスーパーカーなのです。

注目度NO.1 ロジェデュブイ エクスカリバー アヴェンタドール S スーパーコピー RDDBEX0686

ハイパフォーマンスカーとのコラボレーションがスタート。単なる名義の貸し借りではなく、ランボルギーニとロジェデュブイの開発担当者が緊密な関係を作り、哲学を共有する事で新機軸の時計を生み出すことが目的だ。
目を引き寄せるのは、特別に開発された「デユオトール」と呼ばれる45度に傾いた2つのバランスホイール。今までの時計業界のセオリーにはない革新的な構造は、コラボレーションだからこそ実現したもの。さらにケース素材には、ランボルギーニ社が車体に使用するC-SMCカーボンを採用。デザインも素材も構造も、全てが過激な時計に仕上がっている。
Ref.:RDDBEX0686
ケース径:45.00mm
ケース厚:14.05mm
ケース素材:C-SMCカーボン
防水性:5気圧
ストラップ:アルカンターラ×ラバー
ムーブメント:手巻き、Cal.RD103SQ、約40時間パワーリザーブ
仕様:ジュネーブシール
限定:世界限定88本

【関連記事】:http://kobekec.net/info/index.cgi
"

オーデマ ピゲの外部からロイヤル オークの依頼があった

1970年、オーデマ ピゲはジュウ渓谷出身のジョルジュ・ゴレイによって運営されていた。彼は、年間5500本の時計を生産し(現在ではほんのひと握りのように感じられる本数だ)、売上高を1000万スイスフランに近づけるなど、会社の成長期を監督していた。

ゴレイは、同社の生産量を増やすために、スイス時計工業会(Société Suisse pour l'industrie Horlogère)と契約を結んだ。1930年にオメガとティソが設立した業界カルテルである。SSIHは世界中に7000人の従業員と1万5000店の小売店を持ち、その流通網を利用する代わりに、SSIHのトップエージェント3人がバーゼルワールド1970の前日、ゴレイに“スティール製のハイプレステージタイムピース”を作って欲しいと依頼したのだ。

オーデマ ピゲ スーパーコピーロイヤル オーク 26530TI.OO.1220TI.01 フライング トゥールビヨン

26530TI.OO.1220TI.01

・ケース:

 チタンケース

 反射防止加工サファイアクリスタルガラス製風防とケースバック

 ねじ込み式リューズ

・ケース幅:41 mm

・ケースの厚さ:10.4 mm

・防水性:50 m

・ブレスレット:

 チタンブレスレット

 APトリプルブレード フォールディングクラスプ

・文字盤:

 周囲をスネイル模様としたスレートグレーのサンドブラストダイヤル

 蓄光処理を施したホワイトゴールド製のアプライドアワーマーカーとロイヤル オーク針

キャリバー

・自社製自動巻き キャリバー 2950

・バランスホイールの振動数:3 Hz(21,600 振動/時)