記事一覧

ペインターのピーター・ソールとエリック・パーカーが師弟初の2人展を開催

アップロードファイル 10-1.jpg

ペインターのピーター・ソール(Peter Saul)と彼を師事するエリック・パーカー(Erik Parker)の師弟初の2人展が、6月1日〜7月6日に東京・渋谷のナンヅカ(NANZUKA)で開催される。1日の18〜20時にオープニングレセプションを開催する。

 同展ではソールの新作のペインティング「Van Gogh Cuts Off His Ear」が展示される。ソールは同作について「ついに、ゴッホの耳が私の作品の主題として降臨したことを、私はとてもうれしく思っている。モナリザに次いで美術史で最も有名なでき事であるにもかかわらず、私が85歳になるまでそれは起こらなかった。もし運がよければ、もう何度かこの主題について取り組むことができるかもしれないと考えている。なぜなら、彼は私の想像の中で ”再生”したばかりだから」と語る。

 ピーター・ソールは1934年サンフランシスコ生まれ。80〜90年代にテキサスに移住し、テキサス大学で教員を務めた。58年にアメリカの風刺雑誌「MAD」を参考に描いたドナルドダックやミッキーマウスを引用した漫画的なスタイルの作品の再発見によって、最初期のポップアート運動に関係するアーティストとして認識されているが、カラフルな色使いの作品は個人的な関心と強迫観念から生み出されてきた。歴史的な名画のサンプリングや政治家の肖像などを題材にした作品の多くは、ソールのアイロニカルなユーモアやグロテスクとされているものへの愛情から生まれたもので、半世紀以上に及ぶ創作活動では、美術の主義や権威からは一貫して距離を取り続けてきた。近年はソールの作品の重要性が再認識され、2010年にアメリカ芸術アカデミーに選出された。現在までにシカゴ美術館、ポンピドーセンターなどに収蔵されている。

 エリック・パーカーは1968年ドイツ生まれで、現在はニューヨークを拠点に活動している。2000年にニューヨークのMoMA PS1で開催された第1回目の「Greater New York」展に出展して一躍脚光を浴びると、その後はフォートワース現代美術館やアルドリッチ現代美術館などで個展を開催してきた。作品のルーツに「MAD」や風刺イラスト、グラフィティーなどがあるが、もっとも大きな影響はテキサス大学オースティン校時代に教えを受けたソールの存在だ。鮮やかな色彩と多様なモチーフの組み合わせで描かれた肖像画や風景画は、ルールや潮流に縛られることなく、内面を鋭く深く考察することから生まれる。制作に対する姿勢も、ソールからの影響によるものが大きい。

パリでベールを脱いだ高級ブラと「ヴィクター&ロルフ」のコラボ

アップロードファイル 9-1.jpgアップロードファイル 9-2.jpgアップロードファイル 9-3.jpg

1月19日〜21日に開催された「パリ国際ランジェリー展(SALON INTERNATIONAL DE LA LINGERIE)」で注目されたのが、ランジェリーブランド「オーバドゥ(AUBADE)」と、25周年を迎えたオランダのファッションブランド「ヴィクター&ロルフ(VIKTOR & ROLF 以下、V&R)」とのスペシャルコラボレーションだ。「オーバドゥ」は例年同様、フランスを代表するブランドらしく会場入り口前の一等地にスタンドを構え、エントランス横に同コレクションをイメージビジュアルと共に展示して会場を行き交う人々の視線を釘付けにした。

「オーバドゥ」の2019-20年秋冬コレクションとして発表されたこのコラボは、両ブランドにとって象徴的なリボン(BOW)をフィーチャーしたことから“ザ・ボウ・コレクション”と名付けられた。アイテムはブラジャー5型、ショーツ3型、トップス1型の計9点で、色は黒とピンクの2色。チュール全面にレーザーカットしたコットンサテンのリボンを縫い付け、そのリボンの隙間からうっすらと肌が透ける様子は、モードかつセクシーで、両ブランドの世界観を見事に融合している。

同展で「オーバドゥ」を率いる、マルティナ・ブラウン(Martina Brown)=オーバドゥ副社長に、このコラボが生まれた経緯について話を聞くことができた。

今回のコラボのきっかけは?

マルティナ・ブラウン副社長(以下、ブラウン):革新的なことをやりたいという想いが、このコラボの第一歩。そのパートナーとなった「V&R」は非常にアーティスティックで前衛的あり、もちろんフランスでもよく知られた存在。「オーバドゥ」と「V&R」には‟細部にまでこだわった物づくり“という共通点があり、彼らと新しいカプセルコレクションを作りたいと考えた。このコラボが決定したとき、「V&R」がランジェリーに何をもたらしてくれるのか、とても期待が高まりました。

このコラボは、いつからどのようなプロセスで進行したのか?

2017年4月から、このプロジェクトはスタートした。25年にわたる「V&R」の歴史に欠かせないリボンモチーフが、今回のコラボレーションにおいて重要なポイントとなっている。そのリボンモチーフを「V&R」と共にデザインすることから始まった。色は黒とピンクにし、ラベル、タグ、パッケージに使用するロゴを制作。ブラジャーやショーツの具体的なフォルムを「オーバドゥ」が作って「V&R」に提案し、パリとアムステルダムを行き来しながら双方で細部を詰めていった。完成してからデザイナーのヴィクターとロルフも立ち合ってイメージビュアルを撮影。2人は非常にクリエイティブで、私達は今までにない新しいアイデアを得ることができた。

印象的なイメージビジュアルだが?

このビジュアルは、2人と親交がありブランドのミューズでもあった、オランダ人フォトグラファーのヴィヴィアン・サッセン(Viviane Sassen)が撮影した。あえて、モデルの顔を目立たせないビジュアルになっているのは、「オーバドゥ」のキャンペーンビジュアルへの「V&R」からのオマージュだ。

今回のコラボに対する反応は?

「オーバドゥ」の象徴であるモノクロのキャンペーンと対照的な、カラフルな色使いのキャンペーンという点で話題になっている。

デザイナーとのコラボは2016年秋冬の「クリスチャン ラクロワ(Christian Lacroix)」に次いで2度目だが、その違いは?

「クリスチャン ラクロワ」は非常にフランス的でフェミニン。「V&R」はインターナショナルでモダンと2つのブランドの特徴は全く異なる。

今後、ファッションデザイナーに限らず、コラボの予定は?

まだ話せないが、楽しみにしていてほしい。「オーバドゥ」は常に人々を驚かせるような仕掛けをしていく。